マルキンアド株式会社

RECRUITING SITE 2021

私たちの仕事: OUR WORKS

What we do?

デザイン会社には主に、制作と営業2種類の職があります。
さらにウェブの制作にはデザインとコーディングという2大工程があり、
マルキンアドでは、それぞれのプロフェッショナルとして仕事を分化しています。
コーディングをする人はフロントエンドエンジニアとよばれ、サイトの裏側をつくっていきます。
デザイナーは表側を担当しますが、どちらもデザインに変わりはありません。
それぞれの仕事について詳しくみてみよう!

フロントエンドエンジニア(コーダー)の仕事

ウェブサイトをつくるには、デザインしたものをコンピュータが理解できるように、一旦バラバラの要素にして、組み直す作業が必要です。 その作業をコーディングと呼び、その仕事をする人をフロントエンドエンジニア(コーダー)と呼びます。

専門的に説明すると、psdで出来たデザイン案をhtmlとcssで構成し直すことです。

では、どんな技術が必要か? フロントエンドエンジニアとして必要とされる技術は多岐に渡ります。 html、css( scss )はもちろん、javascript、PHP、Wordpress…。テクノロジーが発達すれば、さらにフロントエンドエンジニアの習得すべき技術は増えます。
たくさんの言語を習得することで、デザインに表現力が増し、ウェブサイトのもつ価値や力もアップするからです。

「デザイン」という言葉は、設計の意味を持っています。

コーディングはサイトを構築する作業を担っていますし、サイトを設計するという言葉がしっくりきます。

ここで、しっかりとお伝えしたいのは、コーディングは重要なデザイン業務の一つであるということです。最近はUX(ユーザーエクスペリエンス)といって、いかにユーザーの体験を最大化するかが重要だといわれています。わかりやすく言うと、「心地いい」や、「感動する」などのユーザー体験をつくることです。このUXを最適化するには、サイトごとの動きのカスタマイズが必要です。そして、それを実現するのがフロントエンドエンジニアの仕事です。

フロントエンドエンジニアはビジュアル的なデザインはしません。しかし、ボタンやフォーム、ページ遷移などに、ちょっとした動きをプラスすることによって、ユーザーの体験を向上することが出来ます。それは、ウェブにとって1つのデザインなのです。

フロントエンドエンジニアは重要な仕事だということです。マルキンアドではデザイナーも一通りのコーディンが出来ます。それでも、フロントエンドエンジニアという職を募集するのは、より専門的にコーディングができる人材を求めているからであり、ビジュアルをつくることと同様に、サイトの動きやメンテナンス、SEOを意識して能動的にコーディングができる方を求めています。

とはいえ、誰もが最初からプロフェッショナルの仕事ができる人などいません。
わたしたちは、現時点での知識よりも、学ぶ意欲を重視します。
どうせなら、仕事を楽しみたいという方、わたしたちと一緒に「つくる」をはじめませんか!

デザイナーの仕事

わたしたちのデザインの仕事の相手は「企業」と言う名のお客様です。そういう仕事を一般に、商業デザインと呼びます。そして、その商業デザインで重要なのは、見た目の完成度だけではありません。

最も重要なことは、誰をターゲットとして、何を目的としてつくるのかということです。なぜかといえば、お金を出してデザインしてもらう企業にとっては、そのデザインで果たすべき目的があるからです。

そして、それによって効果を得られることが、商業デザインにおける「いいデザイン」ということになります。どんなに美しく、立派なデザインでも、想定した結果が得られなければ、改善の余地アリということになります。

デザイナーは主役ではない。

一般に「デザイン」というと、華やかな仕事のイメージを持つ人も多いと思います。
しかし、デザイナーは主役にはならない仕事です。 デザインの主体は依頼者であるお客様であり、その向こうにいるユーザーです。
デザインをする時、いつでもこの両者を主体に考え、制作することがデザイナーの基本的な姿勢となります。

とはいえ、デザイナーには冒険心も必要です。

時には、お客様を驚かせるほど大きくジャンプしたデザインで、お客様が持つ壁を超えさせることも必要です。なぜなら、デザイナーがつくるビジュアルは見た目だけでなく、そのお客様の持つ個性や哲学も表現しているものだからです。お客様自身が気づいていない魅力や力をデザインで引き出す。そのためには、デザイナー自身がそのお客様のことを知り、理解し、考える必要があります。ですので、あえて言うならば、デザイナーは「つくる」以上に「考える」ことを重視してほしいのです。

企業としてデザインをしている限り、「どの仕事もじっくり向き合って」とはいきません。お客様自体がスピードを求めている場合もありますし、仕事によって重視するポイントはまちまちだからです。だからこそ、わたしたちは、クリエイティブに対して真摯であることを意識して、正直にデザインをしていくことが重要だと考えます。

そうして、デザインに向き合うことを忘れずにいることで、デザインをただの仕事ではなく、
ライフワークとしてとらえることができます。その時、デザインはもっと面白く、複雑で、
魅力的なものになるでしょう。デザイナー自身にとっても、お客様にとっても。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。